想いを伝える動画制作
主に認知拡大・企業・ブランドのイメージアップをしたい方

Webムービー・CM.イメージムービー



🌟コンセプト系
🌟中インタビュ系
🌟後物語系
見込み客のファン化・より深い関係づくり・信頼を勝ち取る
理解促進をしたい方

ストーリームービー・ドキュメンタリームービー
🌟①なぜのきっかけ、ルーツを深掘りする。仕事の舞台裏を通して「どんな人なのか」の人となりとその想いに密着。
🌟②どのようにできているのかプロセスや制作秘話エピソード、それにかける想いに密着したプロセスストーリー
🌟③実際のお客さまとの物語を描いた顧客ストーリー

できるまでの過程や、制作秘話、仕事の舞台裏に密着し、想いやありのままの人柄、ストーリーを見せる。 顧客との物語を見せる。価値や魅力をリアルな世界観に引き込み距離をグッと縮める動画コンテンツ。

ブランディングが成功することで、そのブランドに対して信頼性が高まり、

顧客に選ばれやすくなる環境を整えることができます。

MOFU(Middle of the Funnel)」

「MOFU(Middle of the Funnel)」は、商品に興味を持ち購入を検討している見込み客を指します。 パーチェスファネルの「比較・検討」にあたるこのフェーズは顧客が購入の意思を固める重要な段階であり、企業はコンテンツを通じたコミュニケーションをとることで、顧客の購買意欲を高めていく必要があります。「TOFU」のフェーズよりも専門的な情報を提供し、継続的なコミュニケーションをとって顧客との信頼関係を築くことで、購入へと繋げることができます。

《具体的な施策例》

  • ランディングページで魅力を伝える
  • SNSへのフォローやブログ購読など、継続的にコミュニケーションを取れる仕組みの構築
  • 顧客の課題を解決するためのより深いコンテンツの提供
  • 顧客の状況に応じたワークフローの構築
  • ソーシャルメディアを通じた交流

 

状況分析

どのようなPR活動においても、組織や製品・サービスが置かれている状況を把握せず、やみくもに情報を発信すると効果的な成果が期待できません。PR活動を始める前に調査を行い、課題・機会を把握・分析し、誰に向けてコミュニケーション活動を行うのか、またそのターゲットオーディエンスはどのようなプロフィールをもつグループなのかを分析をする必要があります。

目標設定

測定可能な成果目標をたてます。

戦略立案

課題・機会を明確にし、ターゲット設定・分析を行ったら、次は目標達成のための戦略を立案します。ターゲットにどのようなメッセージを、どのようなチャネルを使って届ければよいのかを考えるのです。

戦術

 

具体的に戦略を実行にうつすためのプランを立てます。情報が溢れかえる時代ですから、ターゲット層に確実にメッセージやストーリーを届け、それに注意をもってもらい、さらには、彼らの理解・同意を得、感情的コネクションを構築し、態度変容をもたらすような戦術を考えます。

成果の分析

PRキャンペーン・プロジェクトはやりっぱなしでは未来につながりません。成果をまとめ、それを分析し、次の活動につなげていくことが、長期的でサステナブルな組織の活動にとって重要となります。PR活動の効果測定を行い、PDCAをまわしていくことは、健全な組織の運営・発展に欠かせない活動です。

ここでいう成果とは、ビジネス上のアウトカム、つまり、ターゲット層の意識変化、態度変容、売上・寄付金の上昇、投票率のアップなどであり、パブリシティの件数やインプレッション(発行部数や視聴者の総数)などのアウトプット、ましてや広告換算などでもありません。また、手段が目的化してしまっているケースもよく見かけますが、イベントの実施やオウンド・メディアの制作自体が目的となってはならず、それはあくまでも手段であるということを認識すべきです

多くの企業が差別化や独自化の発信に力を入れている中で、他社との違いをどのように伝え、その価値を知ってもらうか・そしてどのようにして多くの中から、自社を選んでもらうか?動画を活用した施策も非常に重要な役割を担っています。

 

ターゲット顧客の理解を深める

デジタルマーケティングに限った話ではありませんが、ターゲット顧客の理解が最も重要な要素です

具体的には、

何がメリットで、他とどう違うのか?

なぜそれをやっているのか?

どうなれるのか?

ユーチューブのページで使える。「動画マーケティングを生かした企業のYouTubeチャンネル活用法」

1,YouTubeの活用

コロナウィルスの影響で外出自粛を余儀なくされた事で、メディアの視聴時間や情報発信を計画して実行するユーザーが増えているそうで、それと同時に広告配信や自社オウンドメディアといった情報のアプローチだけでなく、動画共有サイト「YouTube」を通して、ユーザーとの接点を増やしてビジネスチャンスにつなげる企業が増えてきています。またVSEOの分析や、戦略的なYouTube運用代行の需要も増えてきています。YouTubeを活用することで企業が得られるメリットをまずは整理して行きましょう。

YouTubeを活用するメリット

YouTubeは膨大な数の視聴者がおり、情報を世界中で拡散出来る

非言語コミュニケーションが出来る「動画」であることや、字幕を付けることが出来ることによって外国のユーザーにもアプローチしやすい

Webマーケティングとの親和性が高い

従来のメディアに比べ、手軽に始めることができコストも比較的安く済む

広告を利用することによりサービスの拡散が見込める

YouTubeチャンネル自体がブランドの紹介に繋がり、営業のアプローチの材料になる

YouTubeチャンネルを動画自体をコンテンツにすることができたり、他のチャンネルに展開したり、過去の動画を蓄積してマーケティングに活かすことができる

ユーザーが欲しい商品を探す場としてYouTubeが利用される頻度が高くなって来ている

この様なYouTube運用のメリットを理解してどうやってチャンネルを運用したらいいのか?各項目の詳細をご説明しながらチャンネル運用のコツをお教えします。

2,どうやってチャンネル運営をすればよいのか?

YouTubeの企業チャンネルは個人チャンネルと異なり、費用をかけてチャンネルの質を高めたり、SNSマーケティングなどの様々なマーケティング手法と掛け合わせて慎重に運用を行って行くことが大切です。

次はどの様なことを意識してチャンネル運営をすすめたらよいかを考えて行きます。

Youtubeチャンネル運営において重要視するポイント

ブランディングのボイントを意識して運用に取り組む…Webサイトのブランディングと重視するポイントは似ていますが、動画の再生数やチャンネル登録者数を増やすため「動画の質」や「投稿頻度」に留意したり「SEOを意識したコンテンツ名」を付けるなどの知識を利用した戦略的な運用が必要です。

コストをかけすぎずに質の高い動画を制作、効果的な運用をする…今あるリソースを最大限に生かしたとしても、効果を出す事は限界があるかと思います。個人で運用している素人のYouTubeチャンネルと違い、企業のチャンネルはブランディングに影響するため失敗は許されない事を考えても、質の高い動画とそれを効果的に運用するノウハウが必要になってきます。実際にその両方を兼ね備えた企業の担当者であれば問題はないと思われますが、中々一般企業でそのリソースを用意する事は困難と言えるので、不得意とされる分野は適正にコストをかける事でスピーディにYouTubeの事業を成功へ導く事が可能になります。

YouTubeチャンネルを動画自体をコンテンツにして積極的に営業活動に活かす…魅力的なコンテンツを作成したら、運用方法を考えて正しく実装する事となります。VSEOやタグなど、アカウント設定でミスをすると得られる結果が変わってきてしまうので、適切なアカウント設定とアナリティクスレポートに基づいた運用改善まで出来る所に外注するなどのコストを適切にかけた運用も必要になってくる局面でもあります。チャンネルの動画コンテンツを商品にリンクさせて様々な営業の場面で使用するためにもチャンネルを早い段階で成長させて行くことも大切な事となります。

時にはYouTube広告を利用する…多額の費用をかけて作った動画に、運用費のかかる広告費を考えると、効果の出なかった事を考えると「動画広告」に手を出せないという運用者の方も多いかと思います。動画広告を作る基本的なプロセスや要点は変わりませんが、動画広告で成功している企業も多く存在します。成功事例を踏まえた企業の実例はまた別の記事で取り上げる予定ですが、自社の強みを活かして運用の目的を明確にし、成功した企業の真似をして広告を出すことは自社の新しいチャンスを掴む近道かもしれません。

ユーザーの動向を分析し、今後のチャンネルの運用改善に活かす方法を考える…これは「YouTubeチャンネルを動画自体をコンテンツにして積極的に営業活動に活かす」と内容が似ていますが、適切なマーケティング手法を用いて、得られた結果を分析し、素早く修正に活かすことが大変重要ですが、中々難しい事でもあると言えるのでプロに委託する方が早いといえます。または、プロに分析をお願いし、一部を自ら運用していくという部分的な利用方法もあるかと思います。代行を賢く利用することで得られるメリットは大きいと言えます。

3,運用代行を依頼することのメリット

先程、企業にとってのYouTubeチャンネルの活用メリットをお伝えしましたが、運用代行を依頼することで解決することも多いとご紹介しました。コストをなるべく抑えたいと考える運用担当者の方がほとんどだと思いますが、企業内で運営を進めるよりも、確かなノウハウを持ってスピーディーに結果を出していくために、外部に委託する選択肢も長い目でみると有益な方法だと言えます。下記のお悩みを私達「ロックハーツ」では全て解消できます。

運用を代行することのメリット「ロックハーツ」では全て可能です!

1-忙しくて動画編集作業が出来ない!という場合…動画編集のみ、撮影のみなど負担を感じている作業だけのご依頼も可能です。すべて動画制作のプロが担当いたしますので、YouTubeに特化した高品質な動画を最短即日からご提供いたします。

2-プロの様な高品質の動画をYouTubeにアップしたい!という場合…現役の映像クリエイターが高品質なYouTube動画を編集・制作いたします。現在、YouTubeチャンネルを運営していて、動画の品質でお悩みの場合もご相談ください。

3-企業として恥ずかしく無い、見栄えの良いチャンネルを開設したい!という場合…WEBサイトやSNSと同様にYouTubeは企業の顔となるチャネルです。ご要望をしっかりとヒアリングした上で当社ディレクターが最適なチャンネル制作をご提案いたします。

4-YouTubeチャンネルを運営していても、効果が全然出ない!という場合…YouTubeチャンネルを活性化するためにはノウハウやテクニックが必要です。当社の事例をもとに、「見てもらえる」動画の制作から運営方針までをトータルで支援いたしますのでご安心下さい。多角的な視点からチャンネル活性化を目指します。

5-動画の企画から運営方針まで、プロと相談しながら決めていきたい!という場合…YouTubeチャンネルの成功を左右する「企画」は非常に重要です。成功するための動画企画を当社専任ディレクターがご要望を踏まえた上で、しっかりとご提案いたします。チャンネルの軸となる企画・運営方針はプロにおまかせ下さい。

6-YouTubeチャンネル開設から制作・運営まですべて丸投げしたい!という場合…YouTubeチャンネルを始めたいけど、作業や考えるのが面倒!その様なケースでも、当社がゼロからトータルサポートいたします。チャンネル開設から企画・動画制作・運営まで、企業様のご要望や目的に応じた方針にて、すべておまかせいただけます。

4,まとめ

「YouTube運用代行」に全てお任せください!

いかがでしたでしょうか?企業チャンネルは運用代行に任せることによって、個人で運用を進めるよりも結果的には低コストでスムーズに効果を発揮することができるとご紹介しました。しかし実際には動画やチャンネルのコンセプトを決めかねていたり、決まっていてもイメージ通りの動画を制作して運用していく事が非常に難しい、動画の制作費が高かったのに上手く運用されずつまずいてしまった等のお声があります。その問題は、企画から制作、運用までをバラバラな会社に依頼をする事にあるのではないでしょうか?別々の会社に依頼してしまうと、コンセプトの説明や希望をその都度伝える手間がかかってしまい、各担当者の方へニュアンスが上手く伝わっていない箇所があると、狙った効果を出す事が困難になります。そのことからも、企画・制作・運用・改善などの一連の流れをワンストップで行うことが出来る代行業者を探す事が成功への近道です。3,の「運用代行を依頼する事のメリット」として上げた例は、全て私達ロックハーツで「ご提供可能な事」としてご紹介しました!私達はワンストップで全て一括でご対応出来る事であらゆる運用のお悩みを解消することが出来ます!具体的にはプロのマルチクリエーターとデジタルマーケティングのスペシャリストが企業様のご要望をしっかりとヒアリングし、YouTubeチャンネルの企画、アカウントの開設、撮影、編集、運用、コンサルティングレポートを元にした改善のご提案、次回の動画の企画に至るまで様々なアイディアを持ってフルサポートいたします。もちろん、チャンネルの運用だけ、映像の制作だけ頼みたいなど一部のご依頼も歓迎です。ぜひ一度、無料でご相談を受け付けておりますのでご活用ください。下記より「YouTube運用代行」の詳細ページをご覧いただく事が出来ます。

高品質な動画の制作事例 - ロックハーツのプロ動画制作クリエーターがワンストップでYouTube動画を制作いたします –

YouTubeチャンネル発信・ 運用サポート

企業やブランドが持つ世界観を表現することで
認知度向上・信頼性向上・イメージアップを図る

WEBCM・PR動画は、直接的な商品の販売や購入促進を促すものではなく、企業やブランドが織りなす世界観・雰囲気・メッセージを映像でカタチにして伝えることで「イメージ価値を高める」ための動画です。映像を通じて見る人の共感を生み、心を動かすキッカケをつくります。

WEBCM・PR動画の効果

商品・サービスのことを知ってもらうためには、まずその商品・サービスを必要としている潜在顧客に向けて、「認知」や「興味・関心」を持ってもらう施策を打つ必要があります。

《具体的な施策例》
・検索エンジンでのSEO対策
・ブログ・コラム発信
・SNSを活用した情報発信

・テレビCM
・広告の配信   etc…

その中でも動画を用いることで

1)短時間で多くの情報を届けられる
1分間の動画で伝えられる情報量には約180万字分の情報伝達力があるといわれています。これは400字の原稿用紙4500枚相当に匹敵する情報量を届けられるということです。そのため、文字や写真よりも、より多くの情報を、短い時間の中でも十分に届けることができるのです。

2)人の記憶に残りやすい
映像だけでなく、流れる音楽やナレーション、テロップなど様々な表現方法で五感に訴えかけられるため、見る人の印象・記憶に残りやすくなります。

3)活用しているSNSとの連動性が良い
さらに、
自社のWEBサイトへの掲載に留まらず、YouTube動画サイト、Facebook、InstagramといったSNSツールとの連動相性が良いので、どの窓口から知ったとしても一貫したイメージを定着させることが可能です。

4)共感が生まれ、信頼感を持ってもらえる
動画で伝えることで、人の・ブランドの「ストーリー」を届けることができるので、見る人の中で共感を生み出すことができます。共感性を感じてもらえることによって信頼感や安心感が高まり、お客様に選ばれやすくなる環境を整えることに繋がります。

興味を持ってもらう入り口として「イメージ」は非常に重要な部分となりますので、目には見えない情報・世界観を知ってもらうためのWEBCM・PR動画を一緒に制作してみませんか。

こんな人におすすめです
活用シーン

より良い動画を制作するために
重要な3つのポイント

自社の紹介や販促のために動画での発信を活用したいけれど、何をどうすればいいのかよく分からない。動画制作を、ご依頼される際によく聞くお悩みの一つです。
より良い動画をつくるために、クライアント様と制作会社が想いを共有しパートナーとして作業を進めていくための重要な3つのポイントをご紹介します。

①動画で解決したい課題・目的を決める

「WEBページにアクセスしてもらう」「サービス内容を深く知ってもらう」「迷っている人の背中を押す後押しをする」など動画をつくる目的は色々あります。全てに共通するゴールは、見る人に行動してもらうことですが、目的が違えば制作する動画の内容や構成は大きく異なります。まずは貴社が抱えている現状の課題とその動画を公開することで得たいコトを明確に1つ決めることで共通認識が生まれ、よりスムーズに動画を制作することができます。

②分からない点・不安に思う点は質問する

動画制作では企画段階の後、ストーリー台本(コンテ)を考えそれに沿って撮影をスタートします。コンテの段階では出来上がりのイメージは頭の中でしか想像できませんが、このイメージが明確に浮かんでいないと出来上がった時に「思っていたのと違う」という結果になってしまいますので、企画や撮影・制作に関して少しでも分からない点、不安に思った点はいつでもご相談ください。

③二次利用と著作権について確認しよう

動画は完成したら終わりではありません。その後、活用をしていくことが最も重要なポイントとなります。しかしながら制作会社によっては「自社サイト内での使用はOKだけど、SNSでの使用はNG」のように使用できる範囲(二次利用)が限られている場合もあります。契約の前段階で必ず「目的以外の使用範囲・二次利用についてや再契約・使用料金」など著作権と使用権の所在についてしっかり確認しておくことで、後々トラブルになることを防ぐことができます。

データとストーリーで、
スタートアップの「今」を伝えます

DOWNLOAD DOCUMENT
3分でわかる! サービスコンセプト / 3つの特徴 /
シーン別の利用事例 / 料金プラン
などをカンタンに。動画制作をご依頼される際に、失敗しないポイント3選と料金相場についての小冊子のPDFデータでダウンロードいただけます。
FREE TRIAL
まずは体験! 条件からスタートアップを探す、投資家情報を調べるなど、有料の機能を無料でお試し。ご依頼、お見積もりはもちろん、漠然とした状態でもお気軽にお問い合わせください。 通常24時間以内に返信させていただきます。
Background Movieが選ばれる理由
「安心して依頼できる」ための6つのサポート
ご依頼時の安心。制作進行時の安心。納品された後も安心して活用できる。
Background Movieでは 動画制作が初めての方でも安心して
ご依頼しやすいよう、3つの安心サポートをご提供します。

VALUE

Background Movieにおける制作料金は、ご依頼時の不安や分かりにくさをなくすため、シンプルな料金体系で明朗会計を心掛けています。案件ごとによって制作料金は変動いたしますが、見積もりの時点で総額料金をお出ししますので、後から追加料金がかかってしまうこともありません。

VALUE

制作会社によっては撮影・編集をメインとして、前段階である企画やシナリオの提案は別料金オプションの場合も多くあります。Background Movieでは、動画の根幹である企画が最も大切だと考えているため、全ての制作を企画から丸ごとセットでご提案しております。ご依頼者様のブランド価値を輝かせるために、綿密なヒアリングをし、届けたい内容やメッセージを整理した上で、最適な企画をご提案します。

VALUE

制作進行時でも、ご依頼者様との齟齬をなくすため、スケジュールや編集作業進捗の見える化・共有化を行います。編集作業の進捗状況は、作業タスクを分類化したものをガントチャートを利用し共有いたします。共通認識を図ることにより、ご依頼者様がスケジュールをわかりやすく把握出来ると共に、双方の認識ズレを回避し、クオリティの高い作品をへと完成させていきます。

VALUE

Background Movie全国対応可能です。遠方地にお住まいの方でも、撮影時には全国出張いたしますので安心してご利用いただけます。(※別途、出張費が発生いたします。)

VALUE

納品後の活用提案をはじめ、YouTubeのフォローアップサポートなどもご案内しておりますので、動画制作後の活用に不安がある方でも安心して動画を活用していただけます。また、万が一納品後に修正点が発生した場合でも、3ヶ月間以内であれば無料で修正が可能(※2回迄)ですので安心してご利用いただけます。

VALUE

動画や漫画・イラストなど「著作権」が発生するコンテンツでは多くの場合、制作する動画の利用方法や公開するメディア(SNS)を契約で決めた上で活用していただく形となります。そのため様々なメディアを使い自由に動画を活用するためには、複雑な二次利用契約や追加料金が発生いたしますが、当方では動画をフル活用して欲しい想いから、追加料金や契約不要で永続的に制作動画を活用することが可能です。(※制作物の著作権利は放棄していません。詳しくは【著作権・二次利用について】をご確認ください。)