決まりきった“会社紹介”とは違う、
ヒト・モノ・サービスの「想い」を届けるドキュメンタリー動画制作
“モノが良い” だけでは選ばれにくい時代だから

心をグッと掴む情緒的なアプローチで
見込み客をファンへと変える。

Background Movie
For you

価値や魅力を分かってもらえない...
それ、価値の押し売りになっていませんか?

形のないモノやサービスを提供している先生業・士業・職人・クリエイターといった仕事をされている方は
その価値や魅力をお客様に分かっていただかないと売れません。でも押し売りになってはいけない。
広告が嫌われる今の時代で、いかに自然な形でお客様の心を掴み、

自社(モノやサービス)のことを好きになってもらうか?
より深く興味を感じてもらい、信頼価値を高めていくか?
ファンから愛され、選ばれ続ける事業へと育てていくか?
エンドユーザーとの関係構築に課題を感じている方も多いかと思います。

Background Movieでは、事業の想いやブランドの背景にあるストーリーを動画で届けることができます。
仕事の背景にある「理由」「熱量」「こだわり」「苦悩・葛藤」「お客様との物語」といった
ストーリーには【ヒトの想い】が映し出され、そこに人は感動して心を動かされます。

モノに溢れる現代では、商品やサービス【そのものの価値】だけが選ばれる絶対の理由ではありません。
機能的な側面だけのPRではなく、人の心をグッと掴む情緒的な面でのPR・発信もプラスすることで、
価値を届けたいエンドユーザーの「共感」を生みだし、信頼を得てファンを育んでいきます。
唯一無二の想いとストーリーを活かした「共感を得る価値・魅力の届け方」を動画でサポートします。

Recommend
こんなお悩みをお持ちの方に
Movie
制作事例
Benefit
Background Movieでできること
共感を得て、ファンが増える

想いや価値観・理念を世の中に浸透・届けられるので共感してくれるファンが増えます

自分がどんな人なのか?
人柄が伝わり、信頼してもらえる

自分がどんな人なのか?人柄・飾らない人間味がつたわり、お客様との心の距離感をグッと縮めることができます

記憶に残り、ブランドイメージUP・
良い印象を持ってもらえる

自社のブランディング活動・良いイメージづくりの強力な武器となり、ブランド価値に付加価値をプラスすることができます

差別化・独自化できる

同業他社との差別化、唯一無二の存在で選ばれるための独自化を加速できます

「人」で選ばれるための
キッカケができる

お客様にとっての「誰から買うか」の判断材料となり、他ではなくあなたに頼みたいと「人」で選ばれるようになります

自分事化を深化し、
購買行動を後押しできる

自分事として体感してもらえることで、申し込みに悩んでいる方の不安払拭につながり、行動の後押しができます

Value
選ばれる6つの理由
1. 想いを届けることに特化した動画づくり
撮影や編集の工程以上に、クライアント様との「対話」と「ヒアリング」を大切にしながら、
伝えたいコトが、届けたい人の心に深く伝わる動画を提供します。
2. 企画から納品後のフォローまで
一貫してご提案
動画制作が初めてだと「何を用意したらいか分からない」「動画制作って手間が掛かりそう」
そんな心配ありますよね?Background Movieでは動画制作が初めての方でも安心してご利用いただけるよう、企画立案から納品後のフォローアップまで一貫してサポートいたしますのでご安心ください。
3. 制作に必要となる細かい準備も
ワンストップで対応
制作する動画の案件によって必要となることが変わってきますが、楽曲候補の提案、オリジナル楽曲の制作、ナレーションの録音(ナレーターの手配・台本作成)といった動画に必要なことも
当方で準備いたしますので、クライアント様の手間と負担を大幅に減らすことが可能です。
4. 全国どこでも出張しての撮影が可能!
Background Movieは、全国へ出張しての撮影が可能です。
遠方地にお住まいの方でも、ヒアリングはオンライン会議で。
撮影時には出張いたしますので安心してご利用いただけます。
5. 難しい専門用語はゼロ!
分かりやすい説明を徹底
動画制作のご依頼や相談時に専門用語が出てきてよく分からなかった経験ってありませんか?
納品形式・尺・インサートなど...どの業界にも特有の用語がありますが、知らない人にとっては
理解ができずイラッとしてしまうことも。Background Movieでは専門用語を使わず分かりやすい
ご説明を心掛けてクライアント様との齟齬や認識ズレを防ぎます。
6. YouTubeチャンネルのサポートも対応
ご依頼前によくある悩みとして「YouTubeアカウントを持っていない」「作り直してそちらで動画を活用したい」「動画の活用アドバイスが欲しい」といったYouTube運用・活用に関してにご相談をいただくことがあります。そのため納品後の活用提案をはじめ、YouTubeチャンネルのサポート対応も
ご提供可能ですので、動画活用に不安がある方でも安心してご利用いただけます。
Previous
Next
Why Documentary
なぜドキュメンタリー動画なのか?
理由1
伝えたいこと・届けたいことを
相手にしっかりと見て、聞いてもらえる。
情報過多の昨今。多種多様な動画を誰でも簡単に見ることができます。そのような手軽に情報に触れられる現代では、説明たらしい紹介動画だけでは、もはや人はなんの興味も示さくなっています。大半の人はそのモノやコトの説明ではなく、その背景やリアルなコトが知りたい。そちらの方が興味があります。大切なのは人の感情を動かすような情報の伝え方。リアルな想いやプロセスストーリーを1本の映画のように伝えられるドキュメンタリー動画には、情報に飽和している中でも、人の心を掴み、惹きつける大きな可能性が眠っています。
理由2
人の心を動かし好きになってもらえる
感情面のアプローチができる。
モノやサービスの品質・機能面を伝えていくことはもちろん、大切なことではありますが、たくさんの同じようなモノの中でも「この人に頼みたい」「買いたい」「行きたい」と思ってもらうためには、それを必要としている人の心を掴み、いかに自社やサービスに共感してもらうか、好きになってもらうかも大切です。想いやストーリーが伝わるドキュメンタリー動画であれば、売り込み感のない自然な形で見る人の共感を促せるので、より良い信頼関係が育まれ、ファンになってもらえるキッカケを生み出すことにつながります。
理由3
人の想い・背景ストーリー自体が、他の
企業には真似できない、唯一無二となる!
なぜその仕事をしているのか?
何のために、誰のために、どうしてそこまで頑張れるのか?
人の想いや仕事の背景にあるストーリーはそれぞれ違います。それこそが、オリジナルであり、他には真似できない唯一無二の価値になります。モノや情報が溢れている中では、モノやサービスだけの価値で違いを出していく、届けていくコトには限界があります。それは私自身も常に感じていることです。どこで動画を制作しても、最終的に仕上がる作品のクオリティはさほど変わらない。だからこそ、その人ならではの想いや背景の物語が、その人・その企業の個性や魅力となって、選ばれていく重要なキッカケへと変わるのです。
Flow
ご依頼の流れ