想いを伝える動画制作
Service
WebCM・イメージ動画
企業やブランドが持つ世界観を表現することで
認知度向上・信頼性向上・イメージアップを図る

WebCM・イメージ動画は、直接的な商品の販売や購入促進を促すものではなく、企業やブランドが織りなす世界観・雰囲気・メッセージを映像でカタチにして伝えることで「イメージ価値を高める」ための動画です。映像を通じて見る人の共感を生み、心を動かすキッカケをつくります。

企業やブランドが持つ世界観を
表現することで認知度向上・
信頼性向上・イメージアップを図る

WebCM・イメージ動画は、直接的な商品の販売や購入促進を促すものではなく、企業やブランドが織りなす世界観・雰囲気・メッセージを映像でカタチにして伝えることで「イメージ価値を高める」ための動画です。映像を通じて見る人の共感を生み、心を動かすキッカケをつくります。

WebCM・イメージ動画の効果

企業・ブランド(商品・サービス)の「認知」や「興味関心」を持ってもらう施策はたくさんあります。
検索エンジンでのSEO対策、ブログ・コラム発信、SNSを活用した情報発信、テレビCM、広告の配信   etc…
その中でも動画を用いることで、

1)短時間で多くの情報を届けられる
1分間の動画で伝えられる情報量には約180万字分の情報伝達力があるといわれています。(400字原稿用紙4500枚相当)そのため、文字や写真よりも、より多くの情報を、短い時間の中でも十分に届けることができます。

2)人の記憶に残りやすい
映像だけでなく、流れる音楽やナレーション、テロップなど様々な表現方法で五感に訴えかけられるため、見る人の印象・記憶に残りやすくなります。

3)活用しているSNSとの連動性が良い
さらに、自社のWEBサイトへの掲載に留まらず、YouTube動画サイト、Facebook、InstagramといったSNSツールとの連動相性が良いので、どの窓口から知ったとしても一貫したイメージを定着させることが可能です。

4)共感が生まれ、信頼感を持ってもらえる
動画で伝えることで、人の・ブランドの「ストーリー」を届けることができるので、見る人の中で共感を生み出すことができます。共感性を感じてもらえることによって信頼感や安心感が高まり、お客様に選ばれやすくなる環境を整えることに繋がります。

興味を持ってもらう入り口として「イメージ」は非常に重要な部分となりますので、目には見えない情報・世界観を知ってもらうためのWebCM・イメージ動画を一緒に制作してみませんか。

WebCM・イメージ動画の効果

企業・ブランド(商品・サービス)の「認知」や「興味関心」を持ってもらう施策はたくさんあります。
検索エンジンでのSEO対策、ブログ・コラム発信、SNSを活用した情報発信、テレビCM、広告の配信   etc…

その中でも動画を用いることで

1)短時間で多くの情報を届けられる
1分間の動画で伝えられる情報量には約180万字分の情報伝達力があるといわれています。(400字原稿用紙4500枚相当)そのため、文字や写真よりも、より多くの情報を、短い時間の中でも十分に届けることができます。

2)人の記憶に残りやすい
映像だけでなく、流れる音楽やナレーション、テロップなど様々な表現方法で五感に訴えかけられるため、見る人の印象・記憶に残りやすくなります。

3)活用しているSNSとの連動性が良い
さらに、
自社のWEBサイトへの掲載に留まらず、YouTube動画サイト、Facebook、InstagramといったSNSツールとの連動相性が良いので、どの窓口から知ったとしても一貫したイメージを定着させることが可能です。

4)共感が生まれ、信頼感を持ってもらえる
動画で伝えることで、人の・ブランドの「ストーリー」を届けることができるので、見る人の中で共感を生み出すことができます。共感性を感じてもらえることによって信頼感や安心感が高まり、お客様に選ばれやすくなる環境を整えることに繋がります。

興味を持ってもらう入り口として「イメージ」は非常に重要な部分となりますので、目には見えない情報・世界観を知ってもらうためのWebCM・イメージ動画を一緒に制作してみませんか。

こんな人におすすめです
活用シーン

より良い動画を制作するために
重要な3つのポイント

自社の紹介や販促のために動画での発信を活用したいけれど、何をどうすればいいのかよく分からない。動画制作を、ご依頼される際によく聞くお悩みの一つです。
より良い動画をつくるために、クライアント様と制作会社が想いを共有しパートナーとして作業を進めていくための重要な3つのポイントをご紹介します。

①動画で解決したい課題・目的を決める

「WEBページにアクセスしてもらう」「サービス内容を深く知ってもらう」「迷っている人の背中を押す後押しをする」など動画をつくる目的は色々あります。全てに共通するゴールは、見る人に行動してもらうことですが、目的が違えば制作する動画の内容や構成は大きく異なります。まずは貴社が抱えている現状の課題とその動画を公開することで得たいコトを明確に1つ決めることで共通認識が生まれ、よりスムーズに動画を制作することができます。

②分からない点・不安に思う点は質問する

動画制作では企画段階の後、ストーリー台本(コンテ)を考えそれに沿って撮影をスタートします。コンテの段階では出来上がりのイメージは頭の中でしか想像できませんが、このイメージが明確に浮かんでいないと出来上がった時に「思っていたのと違う」という結果になってしまいますので、企画や撮影・制作に関して少しでも分からない点、不安に思った点はいつでもご相談ください。

③二次利用と著作権について確認しよう

動画は完成したら終わりではありません。その後、活用をしていくことが最も重要なポイントとなります。しかしながら制作会社によっては「自社サイト内での使用はOKだけど、SNSでの使用はNG」のように使用できる範囲(二次利用)が限られている場合もあります。契約の前段階で必ず「目的以外の使用範囲・二次利用についてや再契約・使用料金」など著作権と使用権の所在についてしっかり確認しておくことで、後々トラブルになることを防ぐことができます。