動画発信でビジネスを加速させたい経営者のための ストーリーブランディング動画制作

動画集客は一人では難しい

現在では、インターネットの発展により、誰でも簡単に動画を発信できる時代となりました。
とはいえ、「動画集客を必要に感じているけど、どう活用できるか分からない。」「どの会社に頼めば良いのか分からない。」といった声も多く、動画プロモーションを諦めてしまう方や、手を付けられていない方も多いです。

動画集客は、一人ではとてもハードルが高いのです。
だからこそ、あなたと一緒に ゼロから動画集客をサポートするパートナーが必要です。


4u-Linkは、ただ動画を作るだけの関係ではなく、あなたのビジネスの『物語』を築いていくために、
対面ヒアリングを重視したパートナー プロデュースで、
あなたの動画プロモーションをサポート致します。

ここでは初めて動画を制作する際の注意事項とポイントをお伝えします。

動画を依頼する際のポイント

1.「目的」を明確にする

動画プロモーションに限らず、すべての動画を作る際には、動画をつくる目的を明確に定めることが重要です。
ブランドイメージの向上、商品購入の後押し、ホームページの訪問数を増やす、予約フォームへの誘導など、
プロモーションを行う具体的な目的を定めてください。

2.「誰に伝えたいか」を明確にする

また、制作した動画を誰に伝えたいのか、ターゲットを決めておくことも大切です。
具体的なターゲット設定を行わないまま進めてしまうと、情報を届けたい ユーザーに届けることができずにせっかく作った動画の効果も失われてしまいます。まずは、どんなユーザーに動画を見てもらいたいのかを設定する必要があります。
性別、年代、職業などでセグメンテーションを行いターゲット像を明確しましょう。

3.「なにを伝えたいか」を整理する

「誰に伝えたいか」が明確になったら、動画で何を伝えたいか内容を考えましょう。そして優先順位を付けて整理します。
きっとたくさん伝えたいことが、でてくることでしょう。
重要なのは、その中でも一番伝えたいことは何か?一番アピールしたいポイントは何なのか?です。
限られた時間の中で、あれもこれもを請求してしまうと、結局何が伝えたいのかわからない動画になってしまい、視聴者の混乱を招きます。視聴者に伝えたいことを、1つに絞ってそのメッセージを伝えることに集中しましょう。

4.「どの媒体で見せるか」を考える

Twitter、 Facebook、インスタグラム、YouTube、自社のホームページなど動画を掲載できるプラットフォームは様々ですが、スマートフォンでみられることを想定するのか、PCでの視聴を想定するのか、使用する媒体によって動画の作り方を変える必要があります。
例えば、ターゲットがよく利用する媒体はなんでしょうか?

電車移動の際にYouTubeを視聴する20代男性に向けるなら、スマートフォンで視聴しやすい動画の長さや画質で動画を作ります。
カフェでPCを使ってFacebookをチェックしている30代のビジネスマンに向けるなら
、PCで視聴しやすい動画の作り方を意識します。

5.「どんなイメージの動画にしたいか」サンプルを探してみる

YouTubeをはじめインターネットを使えば、様々な動画の視聴が可能です。
その中で
「こんなイメージの動画にしたい」と思えるものにきっと出会えるはずです。
あなたが作りたいと思っている動画の共通認識を図るためにもサンプルを探しておきましょう。

6. 動画尺を長くしすぎない

動画を視聴してもらう上で重要となるポイントのひとつに、動画を長くしすぎないことが挙げられます。
一部の例外はありますが、基本的にはショートムービー(30秒~3分以内)にまとめると視聴しやすい動画にすることができます。
なお、使用するプラットフォームによって投稿できる時間に制限がある場合もあります。

7.  動画の画質に注意する

制作する動画を、より見やすいものするためには、動画の画質を上げることが最適です。
しかし「高画質」な動画の配信には、注意も必要です。
多くのスマートフォンユーザーはデータ通信料に気を配っています。そのため、データ通信量を消費しやすい高画質動画は、Wi-Fiを使用しない環境下において視聴を敬遠されがちです。動画を視聴してほしいターゲットがスマートフォンユーザーなのであれば、あえて画質を落とすことも見やすい動画に繋がります。

8. 動画内の人の映り込み・音楽の著作権に気を付ける

動画を作成するにあたって、動画撮影時の人の映り込み、ロイヤリティフリーのBGMなど、著作権侵害をしていないかどうか確認する必要があります。著作権については、分かっていても実際に動画を制作する際には多くの方が見落としがちなポイントです。
公開した後、知らないところで動画をシェアされてしまった場合、その動画の著作権侵害シーンを除くことは難しくなります。

著作権の侵害はトラブルの原因に繋がりますので、必ず確認をしましょう。

9.動画制作会社の選び方について

どこの会社に動画制作を依頼すればよいのか?
とても不安に思うことの1つですよね。

動画制作会社の選び方のポイントとしては

  • どんな動画のスタイル・表現方法が得意なのか
  • どんな作品を作っているのかホームページのサンプルを見る
  • 制作前の相談や制作後のフォローまでしっかりと対応してくれるのか
  • 依頼主の要望をしっかりと聞いてくれて提案をしてくれるのか

以上のようなポイントをチェックして、あなたと一緒に協力していく最高のパートナーを選びましょう!

最後に

上記のポイントを1人で明確化するにあたって、その大変さに悩んでしまう方も多くいらっしゃいます。
どのような内容の動画を作れば最適なのか
あなたの動画制作の不安を一緒に解決していきましょう。

まずはお気軽にご相談ください。
4u-Linkは全力を尽くします。